■■ ビアン なkokoro■■

独身ビアンが綴る何気ない日常

恋、koi、コイ

独身女の私が、雷に打たれたのは半年前。

梅雨の季節。

雷に打たれた、というより『思わぬ事故』

と言った方が適切な表現かもしれない。

 

『好きだ』と言われる事故。

職場での告白から始まった既婚者、男性上司。

”ビアン”の性自認をもって頑なに生き、

恋人・パートナーのいる方を避けてきた私が、

何故、彼を受け容れているのか、

ずっと自問自答してる。

 

部下として、彼の妻に会い

娘婿にも街中で偶然挨拶をし、

客先に向かう助手席で

年始の家庭の出来事を聞いては、

ひとり胸がチクチクと痛む・・・これが現在。

何をやってるんだろうな、自分。

格好悪いことは重々分かっている。

 

聞けば、30代の頃から家庭外に恋人がいた彼。

話の内容で把握しているだけで、4人。

世の中には、こんな人もいるんだなぁと

人間不信になりそうになる。

そして、ズルい夫をもつ妻が気の毒にもなる訳で。

彼なりに今を大事にしているのかもしれないけど、

何かが違うと心のアンテナが言う。

 

ビアンの自認があり、元々、私に”結婚”の概念・意識はない。

でも、お互いだけを真っすぐ見て素直になれる相手と

関りを持ってきた。

 

私には18歳の頃から常に誰かが傍にいた。

妙なプライドのある彼には言ってないけど、

相手をいかに想い、一緒に楽しもうとするか、

人数よりもずっと大切なことだと私は思ってる。

 

現在の私は、彼の腕を触ることが多い。

腕を触って、やっと存在を確認する感じ。

すぐ隣に居ても、傍にいるという実感がわかない。

 

今は人生の旅の途中。

本当は、もっと楽しい旅をしたいよね。