■■ ビアン なkokoro■■

独身ビアンが綴る何気ない日常

建設現場にて思う

川から吹く風は、穏やかだった。

今日は建設現場の巡回から一日が始まった。

ゴールデンウィーク中の工事は休止し、その間に現場が荒らされないかを確認する。普段であれば作業員以外は立入り禁止の現場も、今日は誰一人おらず、造りはじめた橋脚(橋を下から支える柱)まで行ける。

一昨年から始めて、一年がかりでやっと橋脚。殆ど代わり映えしないような地道な作業だな、と思いながら見てきた現場。近くで見るほどに力強い橋脚だった。結果はここにあった。

 

建設・建築現場にて、出来上がってゆく様子を見るのが好き。

経過を想像することも、また愉しいのだ。